婚約指輪の決め方

結婚を考えている男なのですが、婚約指輪の費用を見て凍り付きました。でも彼女にあげれないとは言い出せませんね。

婚約指輪って奥が深い

婚約指輪を贈るタイミングって意外と難しいし、人それぞれで意見も異なりますね。

一般的にはプロポーズのタイミングというのが多いようです。

ドラマや映画で見る、あのシチュエーションですね。

女性としても、手渡された花束にこっそり指輪が…とか、夜景のきれいなレストランで、最後にオーダーしたデザートに指輪が添えられていたとか、そういうサプライズは嬉しいものでしょう。

しかし、やはり婚約指輪は立派な婚約記念品ということで、結納の式や両家の顔合わせのタイミングで渡すという現実をしっかりと考えるカップルも多いでしょう。

確かに婚約指輪は二人が婚約を交わしたという正式な証です。

結婚はよく二人だけの問題ではなく家同士の問題と言いますから、ひいてはその婚約の証も、両家にお披露目したうえで彼女へ贈ると言うのは理に適っていると言えますね。

中には男性側の親が婚約指輪の購入費用を提供するケースもあるそうです。

新婦側の親に少しでもいいところを見せたいという新郎側の親心といったところでしょうか。

そういえば結納金は、その半分くらいの金額を目安にした贈り物を、いわゆる『半返し』という形で新婦から新郎へ贈ると聞いたことがあります。

この場合、婚約指輪を結納金代わりとしていれば、やはり半返しの費用は指輪の価格の半分、ということなのでしょうか。

そうなると彼女もおちおち高額な婚約指輪をねだれませんね。

何かと不透明でオブラートに包まれた婚約に関する儀式が多く悩んでしまいますね。


Categorised as: 婚約指輪を渡す

Comments are disabled on this post


Comments are closed.