婚約指輪の決め方

結婚を考えている男なのですが、婚約指輪の費用を見て凍り付きました。でも彼女にあげれないとは言い出せませんね。

婚約指輪をはめれる期間って?

婚約指輪選びも本格的に最終段階に入りました。

婚約期間って人それぞれではありますが、一般的には結婚式を迎えたら、そのあと付ける指輪は結婚指輪となるでしょう。

人によっては結婚式じゃなく、入籍をした日や両家の顔合わせが済んだ日からが婚約期間だという方もいるでしょう。

どのみち言えるのは、婚約の期間が短ければ短いほど、婚約指輪を日常的に使う期間も短くなってしまいます。

かと言って、いくら長い期間ずっと付けていたいからって、婚約指輪を1年以上も付け続けているのも違和感を感じますね。

婚約指輪をはめているベストな期間って本当に難しいし明確ではないですね。

しかし男としては、名誉の勲章と言いますか、必死に貯金をしたそのお金で彼女にプレゼントしたものですから、できれば長い時間付けていてほしいし、彼女としてもそれを望んでいるのではないでしょうか。

私たちは半年後に行われる結婚式が婚約指輪をつける時期の終わりと決めました。

そしてできれば婚約指輪は半年は付けていたい。

つまりはもうそろそろ既製品でもオーダー品でも、指輪を決めないといけません。

特にオーダーメイドとなれば、時間がかかりますし、あまりにも細いサイズや太いサイズは特注となってさらに時間がかかってしまうようです。

お互い、そんなレアなサイズではないものの、早めに頼んでおくことに越したことはありませんね。

いまだデザインを絞り込めない彼女ですが、少し焦るよう促します。

関連ページ⇒【婚約指輪って、いつつけるの?


Categorised as: 婚約指輪選び

Comments are disabled on this post


Comments are closed.